太陽光発電の発電量

設置する前に抑えておきたいポイントの一つとしてソーラーパネルから生み出される発電量があります。

発電量を決めるポイント

自宅で消費する電力と実際に発電できる電力を照らしあわせてメーカーを決めましょう。

発電量のポイント

発電量を決めるポイントとしてあげられるのは
・ソーラーパネルの大きさ
・モジュール変換効率
・自宅の環境
の3つのポイントがあります。

当然ソーラーパネルのサイズが大きければ大きいほど、発電できる電力も変わってきます。
また、モジュール変換効率とは1㎡当たりのソーラーパネルでどれくらい発電できるかを指しており、1,000wを100%とした場合の実際生み出された電気量との比較になります。
1㎡当たり100wの電気を作れるとしたら、モジュール変換効率は10%ということになります。

 

自宅環境も大きな要因

更に太陽光から発電を行う仕組みを太陽光発電システムという名の通り、太陽の光がどの位あたる環境に自宅が立っているのかという点はとても大事です。地域、気候から屋根の角度までそれぞれの詳細が変化することで発電量も変わります。

業者にお願いをする時はこれらの観点から発電量に対して質問するのが良いかと思われます。

 
無料一括見積りはこちらから
無料一括見積りスタート
▲このページのトップへ戻る