太陽光発電の寿命

太陽光発電を検討する上で皆さんが気にされるのが「太陽光発電はどの位もつの?」という点だと思います。太陽光発電を設置して日々の光熱費を削減することを考えると寿命が長ければ長いほうが嬉しいですよね。

太陽光発電の寿命は各パーツごとに寿命が違うため、それぞれを分けて考える必要があります。

太陽パネルの寿命

太陽光パネルの寿命は一般的には20年と言われています。中には30年以上もったケースもあり、太陽光パネルの発電量が著しく低下しない限りは利用可能です。

 

その他周辺機器の寿命

パワーコンディショナーや室内制御システムなどの発電した電力を使用するために必要な太陽光モジュール以外の構成機器に関しては10年前後と言われています。

 

保証期間はどのくらいあるの?

メーカーによってどこまで保証してくれるのかは異なってきますが、多くの業者が太陽光パネルに関しては10年の保証期間を設定しています。
構成機器に関しては異なるものの10年間保証してくれるメーカーもいます。
一つの目安としては太陽光パネルの寿命期間に周辺機器を2回~3回取り替えると思っていただくのがよいかと思われます。

メーカーを決める時に保証期間をチェックすることは忘れずにやりたいところですね。

→保証に関するメーカー毎の比較表はコチラで確認できます。

 
無料一括見積りはこちらから
無料一括見積りスタート
▲このページのトップへ戻る